学校長あいさつ

 

  平成30年度、小中合同校舎で学ぶ児童生徒32名、教職員18名は、来年度以降繰り返されることのない、一生に一度の出会いで集まったメンバーです。

 「一生に一度きりの出会い」「二度とめぐって来ない1年間」ということを深く自覚し、一瞬一瞬を大切に思い、互いに誠意を尽くし、支え合い、協力し合い、学び合って、最高の1年間にしていきたいと思います。

 篠山小中学校の伝統である「伊予と土佐とはへだてなく」を守っていくことが私の使命だと考えます。「日本一名前の長い学校は、日本一仲の良い学校」そんな学校をつくっていきたいと思います。

 そして、土佐と伊予の子どもたちが学び合い、支え合っていく毎日がいつまでも続くことを願っています。

                                                                                                                      篠山小中学校長  土居 文洋